大阪の脱毛エステ 口コミ・ランキング

大阪でおススメの脱毛サロンランキング TOP5!!

このランキングは、値段の安さ・分かり易さ脱毛効果プラスの特典スタッフの接客力をもとにまとめたものです。

 

 

 

   銀座カラー

銀座カラーは技術と高さとスタッフの接客力の高さが有名で、初回の脱毛からしっかり効果を実感できると評判です。また、脱毛と同時に行われる「保湿」にも力を入れており、毎回の施術の前後にしっかり保湿をしてくれます。自己処理によってできた毛穴のブツブツや黒ずみも、脱毛と同時に綺麗になっていきます。ムダ毛が無くなって肌が露出する頃には、スベスベの素肌になっています。

 

スタッフの対応も好評で、どのスタッフに当たっても技術・知識・距離感が一定していて安心です。

 

これだけ揃っているのに料金もお手頃なので、大阪の人のハートをわし掴みです。全国でも店舗数はそんなに多くない銀座カラーですが、大阪にはなんと3店舗もサロンを出しています。店舗数の多さからしても、人気の高さが伺えます。人気が高くても、3店舗にお客が分散するので予約もスムーズに取れますよ!!

 

   脱毛ラボ

脱毛ラボの魅力は、とにかく安いことです。全身脱毛が月額9,980円と驚異的な安さです。また、月額払いという点も人気の秘訣です。毎月少しずつ支払うので大きな出費も必要ない上に、満足した時点で脱毛を終了できるので、払い過ぎることも無いですね。

 

気軽に全身脱毛を始められるとあって、若い女性意に人気の高い脱毛サロンです。

 

   エピレ

エピレは、あの有名な「エステティックTBC」がプロデュースした脱毛専門サロンです。お客様の声をもとに作られた脱毛サロンとだけあって、顧客満足度がなんと99%!!料金設定の分かり易さや、こんなセットがあったらいいな...というセットが用意されている点が満足度の高さにも繋がっています。保証制度も完備されています。まだまだ新しいサロンですが、TBC時代からの豊富な経験や知識があるので、安心してお任せできます。

   ミュゼ プラチナム

ミュゼは、業界No.1の店舗数を誇っており、大阪にはなんと11店舗もサロンを展開しています。店舗数が多いということは、通い易いだけでなく、お客様も分散する為、予約の取りやすさにも繋がりますし、スタッフの対応にも余裕が出てきます。その分、しっかり対応してくれます。また、体験コースやキャンペーンコースが充実している点が人気に拍車をかけています。ちょっと試してみたいという方におススメのサロンです。

 

   エステティックTBC

エステティックTBCは超有名な老舗エステサロンです。長年の経験と豊富な知識があり安心して任せられます。TBCの施術方法は2WAY脱毛。美容電気脱毛と美容ライト脱毛を組み合わせた、独自開発した半永久脱毛です。店舗数の多さも自慢で、買い物帰りに立ち寄りやすい、ショッピングモールの中などにも多く入っていて、通いやすい脱毛サロンです。

 

 

 

 

大阪でおススメの脱毛サロンは「銀座カラー」

全国でも人気の高い銀座カラーが大阪で一番おススメの脱毛サロンです。

 

銀座カラーが大阪でおススメの理由は大きく3つあります。
脱毛効果が非常に高い
脱毛以外に美容効果がある
スタッフの接客力が高い

 

脱毛効果が非常に高い

銀座カラーは施術効果が非常に高い事でも有名です。大体、3回目の施術頃から少しずつ効果を実感できると言われていますが、銀座カラーの場合は1回目の施術から効果を実感することができます。早い段階で効果が実感できると、続けたくなりますよね。

 

脱毛以外に美容効果がある

毎回の施術時に脱毛だけでなく、保湿ケアを施術の前後合わせて2回も行ってくれます。脱毛時の光によって肌が観測し易くなっているのを防ぐと同時に、今までの自己処理によって傷ついた肌をスベスベの肌に戻す効果もあります。ムダ毛がなくなり肌が露出される時には、毛穴のブツブツや黒ずみ等も無くなって綺麗な肌を見せることができます。

 

スタッフの接客力が高い

銀座カラーはどのスタッフに当たっても、スタッフの知識力や対応が素晴らしいと評判です。お客との会話も適度な感じで、嫌味がありません。直接肌に特殊な光を当てる脱毛です。また、ちょっと恥ずかしい部分もさらけ出したりもします。やっぱり安心して任せられるスタッフにお願いしたいですよね。信頼関係が大切です。

 

銀座カラーを体験した方が口を揃えて言うのが、「どのスタッフに対応してもらっても、技術に差が無く安心してお願いできた」ということです。どのスタッフも同じレベルの技術や接客力を身につけるということは、当たり前のようで難しいことです。

 

それをしっかり行っている銀座カラーはやはり支持されているわけですね。

 


このページの先頭へ戻る